calcalについてのはなし

メッセージ

「文鳥がかわいすぎる!」 こんにちは、ロンド工房の文鳥担当、むーすです。この度、文鳥好きすぎるあまり、「文鳥のかわいさをもっと伝えたい!!!」という思いから、calcal(キャルキャル)というハンドメイドブランドを立ち上げることになりました。 なにせ、文鳥がかわいすぎるんです。 黙って立っていても、座り込んでいても、寝ていても、怒っていても、餌を食べていても、水浴びしていても、空を飛んでいても、何をしていても、とにかくかわいい。 何がかわいいって、そのサイズ感、なめらかでつややかな羽毛、アイリングに縁取られたつぶらな目、顔に対してやけに大きいりっぱなくちばしなど、あげていくとキリがないくらいです。 眺めているだけで愛おしい気持ちがこみ上げてきます。 でも「かわいい」とは…? 私、むーすが発信する「かわいい」は皆さんと同じなのか、そもそもきちんと伝わっているんだろうかと、ふと疑問に思いました。 そこで、私が思うかわいい文鳥を表現したグッズを作ることによって、真に文鳥のかわいさを伝えようと思いたったのです。 作ったグッズのこだわりポイントは一点一点詳しく解説し、それに共感した人に手にとっていただき、文鳥を愛する気持ちを共有したい。手元のグッズを眺めて日々の癒しを得てほしい。 文鳥好きが作った文鳥グッズで、文鳥の魅力と文鳥好きの輪がどんどん広がることが私の願いです。

ストーリー

2015年12月、私は文鳥を飼い始めました。

小さい頃から生き物は好きで、ハムスターやザリガニ、亀や犬など色んな生き物と育ってきました。 このときは犬だけを飼っていたのですが、ふと新しく生き物を飼いたい、一緒に暮らしたいと思い立ち、最初にいいなと思ったのが爬虫類。 しかし、餌が昆虫ということで両親に却下されあえなく断念。 それならばと次に目をつけたのが鳥でした。 初心者でも飼いやすい小鳥リストの中に文鳥がいて、見た目のかわいさに釘付けに。 見れば見るほどほどかわいいその小鳥に夢中になり、文鳥の種類、特徴、飼い方から飼育グッズまで調べ上げ、ある日「ちょっと見てくるだけ!」と親に言い残してペットショップへ。

(↑連れ帰ってきた日の写真) 結局その日に文鳥を連れて返って、親を驚かせてしまいました。 飼い始めたその日から文鳥のとりこになり、その後会社のブログで好き勝手に文鳥についての記事をしたためたところ、これがなかなかの注目を集めるように。 むーすの「隙あらば文鳥」 文鳥がこんなにも注目されていることに嬉しくなり、また、この方たちに私の思うかわいい文鳥像を共有できたらと思うようになりました。

 

運営会社

株式会社ロンド工房
555-0023 大阪府大阪市西淀川区花川2-15-6

https://rondowerkstatt.com/